奇経医学研究会
トップ
時任奇経とは
研究会プロフ
スタッフ
理事挨拶
奇経原理図
お問い合わせ
故 時任みち先生

 東洋医学の発生は大自然の中で生きていく上で試行錯誤しながら自然界にいかに調和してゆくかの方法論であって人類の発生と共にはじまったのかもしれないと思っている。太古には自然界に調和した生活があって疲は少なかったかもしれないが、人間には生死の陰陽があるのでそのあたりのことを思惟することは不可能である。

 私はこれ等の古典文献を学んでゆきながらおおかたの流れは理解出来たものの、もう一歩踏み込んでゆこうとすると、不明瞭な理論性のない部分が多いことに困惑してしまった。

 とくに奇経については素問や霊枢にも奇経治療、経絡治療、臓腑治療等とその名称が出ているのに治療の理論、方法論の文献がないというのは納得できないと思い、もう一度陰陽の原点に戻って勉強しなおしてみようと考えた。特に奇経についての独自の文献は少なく古典文献の中に断片的に奇経という文字が出てくる程度としか思えなかった。素問と霊枢に再度挑戦してくうちに、これ等の文献に奇経についても鍼灸医学のすべてについて伝えられていることに気づいたのである。今まで奇経の文献がない等と云い伝えられ幻の治療法であるといわれてきたのは何故なのか。古典の文字や文章から古人の言葉の心をどれだけ受け取れるかは読む者の心の在り方にかかっていたのではないだろうか。

 奇経としての文献は霞のような存在で決め手となる特定のものはなかったかもしれないが、素問や霊枢は糸口を見つけ出してゆける言葉を示唆していると私は解釈した。現在は(1996年)コンピューターやパソコンのメディアの時代で(に)あっても(媒体、介、手段)人間が宇宙空間とのかかわりあいによって生命を維持していることの現実は古代から変わりはないのである。人間が生老病死という自然の法則と一生の間にかかわってゆかねばならない現象に対応対処すべき方法論として必要の中から発生したのが東洋医学であると思うのである。
(時任先生手記より抜粋)


蛭田茂(会長)

奇経治療は難解で古典には明確な治療法の記述がなく幻の治療とまで言われてきました

素問にはその片鱗はみえますが奇経という言葉はなく、難経に於いてやっと篇を設けて整理された記述がみられます
しかし治療法や活用法は明確ではないようです
奇経八脉考によれば「どこかの隠者が云々」と、奇経を活用していた集団がいたとの研究報告がありますが詳細な治療法や活用法はやはりよくわかりません

これまでは奇経脉への施術は対処療法や応急療法として効果が大であるとの臨床報告などが古今に見られますが
本治法としての活用方法はありませんでした

奇経医学研究会では、この本治法としての奇経治療を時任先生が確立しその技術を継承しています

基本的な治療理論の構築は時任先生が残してくださいましたが
古典のどこの部分からのヒントを基盤に構築されたものであるのかが時任先生亡き後、詳細がわかないままでした

現在は古典の引用、解釈などによる時任奇経治療理論の補足、構築、発展を進めています

時任先生は常々言われていました
「奇経については古典のあちこち記述がある。『文上』ではなく『文底』を読めばよい」
いわゆる「行間を読む」ことが大切との意味です
私もまったく同感です

是非ともこの素晴らしい奇経治療を一緒に学べるよう、スタッフ一同お待ちしています



研究会の入会案内はこちら

Copyright2004-2019 by kikei igaku kenkyukai